「ライトノベル」ってどういう意味?定義は?|初心者におススメの作品も紹介

こんな読者におススメ
・「ライトノベル」の定義って何?
・そもそも「ライトノベル」ってどういう意味?
・ラノベ初心者におススメの作品を教えて欲しい!

 

「そもそもライトノベルって何?」「普通の小説と何が違うの?」


こんな疑問を抱いたことのある方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。


特にライトノベルを読んだことがない方にとっては、当然の疑問ですよね。


しかしこの疑問をラノベ読者にたずねたとしても、明確な答えが返ってくるとは限りません。


実は「ライトノベル」と「一般小説」の違いをよくわからずに読んでいる読者は非常に多いのです!


そんな今さら聞けない「ライトノベルの定義」について、今回は一般的に言われる定義に加え、私独自の見解もまとめてご説明します!


さらには「これからライトノベルを読みたい!」という方へのおすすめライトノベルも紹介しちゃいます!

 

「ライトノベル」ってどういう意味なの?

©玄武書房辞書編集部

 

ギャル美
ギャル美

今さらなんだけど「ライトノベル」ってどういう意味なの?

ぶんご
ぶんご

本当に今さらだな!……とは言っても、実はライトノベルに関してはあいまいな部分があるから、いくつか引用してみよう

 

ライトノベルは、日本で生まれた言葉で、娯楽小説のジャンルの1つ。英単語のlightとnovelを組み合わせた和製英語。略語としてはラノベ。
引用元:Weblio辞書

《(和)light+novel》10代から20代の読者を想定した、娯楽性の高い小説。会話文を多用するなどして、気軽に読める内容のものが多い。ラノベ。
引用元:goo国語辞書

英語のlight(軽い)とnovel(小説)を組み合わせた和製英語であるが、「軽い」という訳については異論もある。略してラノベともいう。
引用元:日本大百科全書(ニッポニカ)

 

ギャル美
ギャル美

light(軽い)とnovel(小説)を組み合わせた言葉って部分だけは共通してるね

ぶんご
ぶんご

色々な意見はあるが、ライトノベルという言葉自体は「気軽に読める若者向け小説」くらいの意味で考えると良いと思うな

ギャル美
ギャル美

なるほど!

ぶんご
ぶんご

ライトノベルという名称は1990年代初めに生まれたと言われているが、ライトノベル自体はそれ以前から存在していたんだ。その辺りの流れは別の記事に書いてあるから、そちらを読んでみて欲しい

 

↓関連記事はコチラ↓

知ればもっと面白くなる!ライトノベル流行の変遷|2021年注目作品も!

 

「ライトノベル」の定義って何?

©暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会

 

ギャル美
ギャル美

ライトノベルの言葉の意味はいいとして、ライトノベルと一般小説って何が違うの?

ぶんご
ぶんご

…………(;'∀')

ギャル美
ギャル美

……まさか、知らないとか

ぶんご
ぶんご

そそそ、そんな、わけけ、な、ないじゃあないか(裏声)

ギャル美
ギャル美

キョドりすぎ!

ぶんご
ぶんご

まぁ今のは冗談だけど、実際のところライトノベルって明確な基準はないんだよなぁ

ギャル美
ギャル美

……そうなの?

ぶんご
ぶんご

というわけで次の章ではライトノベルの定義における3大派閥と、俺が考えるライトノベルの定義について説明しよう!

 

ライトノベル論3大派閥&ぶんごの考える「ライトノベルの定義」

©谷川 流・いとうのいぢ/SOS団

 

ぶんご
ぶんご

「ライトノベルの定義」については様々な意見があるが、ここでは特に賛同の声が多い&比較的わかりやすいという部分で3つの意見を採用しているぞ!

 

①レーベル派

©伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

 

ぶんご
ぶんご

「ライトノベルのレーベルから出てるのはライトノベルじゃね?」という意見だな。有名レーベルとしては電撃文庫やファミ通文庫などがある

ギャル美
ギャル美

……もうこれが結論でいいんじゃない?

ぶんご
ぶんご

オイヤメロ。……正しいけど、今度は「どのレーベルの作品がライトノベルなのか?」問題があるんだよなぁ

ギャル美
ギャル美

どういうこと?

ぶんご
ぶんご

例えば講談社ラノベ文庫のようなライトノベルのために創刊されたレーベルもあれば、コバルト文庫のように後からライトノベルが含まれるようになったレーベルもあるんだ

ギャル美
ギャル美

そういうパターンもあるんだ!

ぶんご
ぶんご

とはいえ、有力な意見なのは間違いないけどな

 

②イラスト派

©伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

 

ぶんご
ぶんご

「ライトノベルと言えばアニメっぽい表紙&挿絵があるやつだろ!」という意見だ。ライトノベルをよく知らなくても、こういうイメージを持ってる人は結構いるんじゃないかな?

ギャル美
ギャル美

確かに本屋で見るのはそういうイメージかも!

ぶんご
ぶんご

しかし最近では若者の読者を増やすために、普通の小説でも人気の漫画家やイラストレーターを採用する例が増えているんだ

ギャル美
ギャル美

……そうなの?

ぶんご
ぶんご

例えば太宰治さんの「人間失格」(集英社)はデスノートの小幡健さんが表紙を書いているが……これはライトノベルじゃないよな?

ギャル美
ギャル美

これがライトノベルだったら小説は全部ライトノベルだよ

ぶんご
ぶんご

逆に「図書館戦争」のように挿絵の全くない作品もあるし、これも分類としては完全とは言えないな

 

 

③キャラクター派

©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

 

ぶんご
ぶんご

「ライトノベルはキャラクター重視で作られている!」という意見だな。確かにライトノベルはキャラの設定や性格などの作り込みがスゴイ!

ギャル美
ギャル美

なかなか現実にはあり得ないキャラが多いよね

ぶんご
ぶんご

あとは表現や描写よりもキャラ同士の会話が中心というのも特徴だな

ギャル美
ギャル美

うーん……でもこれって判断が難しくない?

ぶんご
ぶんご

この条件でライトノベルと言い切れるかというと難しいだろうな。個人の判断で分類が大きく変わってしまうと思う

 

ぶんごが考える「ライトノベルの定義」

©竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/「とらドラ!」製作委員会

 

ギャル美
ギャル美

……って、結局ライトノベルの定義がわからなかったけど!?

ぶんご
ぶんご

ハッキリ言ってしまうとだな、結局は総合的に判断するしかないってことになる

ギャル美
ギャル美

結局はそういうところに落ち着くんだね……

ぶんご
ぶんご

明確な基準はないのだが「俺が考えるライトノベルの定義」というのはある

ギャル美
ギャル美

わかりやすいのでお願いします!

ぶんご
ぶんご

ズバリ、読んで「何となくアニメ(漫画)っぽい」と思ったらラノベだ!

ギャル美
ギャル美

雑! 本当にそれでいいの!?

ぶんご
ぶんご

一応、俺なりの定義をまとめたのがコレだな

ライトノベルの定義
①文章が読みやすい(若者向けの文章であること)
②キャラの会話や動きが中心である(文章に会話や動きが多い)

③世界観がアニメや漫画に近い(フィクション感が強い)
 
ギャル美
ギャル美

さっきのは一言にまとめすぎでしょ……

ぶんご
ぶんご

あくまで個人の考えだが、場面を想像した時に実写ではなくアニメになるのがラノベって感じかな

ギャル美
ギャル美

完全に玄人の意見だ!

ぶんご
ぶんご

とりあえず読んでみて「リアリティなさすぎw」と思うかどうかは大きいかなぁ

ギャル美
ギャル美

へぇ~そんな感じなんだ

ぶんご
ぶんご

今はほとんどの作品がラノベ専門レーベルで発売してるから、基本的にはレーベルで判断してOKだ。今回の定義はあくまで個人的に考える一般小説との内容の違いと思ってくれ

ギャル美
ギャル美

なるほど!

 

ラノベ入門編!初めてにおすすめの7作!

©渡航/小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。

 

ぶんご
ぶんご

ここまでライトノベルの意味や定義について話してきたが、ここからは「入門編におススメのライトノベル作品」を紹介するぞ!

ギャル美
ギャル美

読みやすくて面白い作品がいいね!

 

①この素晴らしい世界に祝福を!

©暁なつめ/KADOKAWA/このすば製作委員会

あらすじ

 

ゲームを愛する引き籠もり少年・佐藤和真の人生は、あっけなく幕を閉じた…はずだったが、目を覚ますと目の前に女神と名乗る美少女が。
「異世界に行かない?一つだけ好きな物を持っていっていいわよ」
「じゃあ、あんたで」
ここから異世界に転生したカズマの大冒険が始まる…と思いきや、衣食住を得るための労働が始まる!
平穏に暮らしたいカズマだが、女神が次々に問題を起こし、ついには魔王軍に目をつけられ!?
KADOKAWA「この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま」

オススメPOINT
やる時はやるぜ、主人公!普段の言動はアレだけど……
キャラのクセが強すぎるのに何でこんなに魅力的!?
ギャグもシリアスもイケちゃうとか最高かよ!
 
ぶんご
ぶんご

数多くある異世界作品の中でも、多くの人が「面白い!」と太鼓判を押す作品だな。クセは強いが魅力的なキャラばかりだぞ

ギャル美
ギャル美

まぁクセの強い人ならいつも話してるしね

ぶんご
ぶんご

…………ん?

 

原作1巻を読めるのはココ!
全巻セットはココ!

 

アニメをVODで観る

 

 

②バカとテストと召喚獣

©井上堅二/KADOKAWA/バカとテストと召喚獣製作委員会

あらすじ

 

「こんな教室は嫌じゃああっ!!」アホの明久は叫んだ。ここ文月学園では、進級テストの成績で厳しくクラス分けされる。秀才が集まるAクラスはリクライニングシートに冷暖房完備だが、彼のいる最低Fクラスの備品はボロい卓袱台と腐った畳だけ。明久は密かに憧れる健気な少女・瑞希の為、組代表の雄二をたきつけ対クラス戦争を始める。それは学園が開発した試験召喚獣を使い、上位の教室を奪うという危険な賭けだった!?
KADOKAWA「バカとテストと召喚獣」

オススメPOINT
友情アリ!恋愛アリ!これぞ青春や!!(あれ、目から汗が)
電車で読むな!大爆笑不可避の怒涛のギャグ展開!(体験談)
ガチで導入してほしい!テストの点数で強さが決まる「召喚獣」!
 
ぶんご
ぶんご

今まで読んだ中でトップクラスに爆笑したラノベだ。電車などの公共の場では絶っっ対に読んじゃダメだ

ギャル美
ギャル美

何があったの!?

 

原作1巻を読めるのはココ!
著者:井上堅二 イラスト:葉賀ユイ/KADOKAWA
全巻セットはココ!

 

アニメをVODで観る
バカとテストと召喚獣製作委員会

 

 

③ソードアート・オンライン

©川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

あらすじ

 

クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の“死”を意味する―。謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の“真実”を知らずにログインした約一万人のユーザーと共に、その苛酷なデスバトルは幕を開けた。SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの“真実”を受け入れる。そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城『アインクラッド』で、パーティーを組まないソロプレイヤーとして頭角をあらわしていった。クリア条件である最上階層到達を目指し、熾烈な冒険を単独で続けるキリトだったが、レイピアの名手・女流剣士アスナの強引な誘いによって彼女とコンビを組むことに。その出会いは、キリトに運命とも呼べる契機をもたらし―。
KADOKAWA「ソードアート・オンライン1アインクラッド」

オススメPOINT
①VRMMOジャンルの先駆者!これを読まずにして他は読めない!
②ラノベ界が認めた「最強にカッケー主人公」!
③激熱バトル!友情も恋愛も何もかも熱い!
 
ぶんご
ぶんご

今では当たり前となったVRMMO(仮想現実ゲーム)系のパイオニア的作品! ゲーム内で死ぬと本当に死んでしまうという展開が衝撃だったな

ギャル美
ギャル美

ゲームめっちゃ怖い……

 

原作1巻を読めるのはココ!
全巻セットはココ!

 

 

 

④涼宮ハルヒの憂鬱

©谷川流/KADOKAWA/SOS団

あらすじ

 

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし……と誰でも思うよな。俺も思ったよ。だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。それに気づいたときには俺の日常は、もうすでに超常になっていた――。第8回スニーカー大賞〈大賞〉受賞作、ビミョーに非日常系学園ストーリー!
KADOKAWA「涼宮ハルヒの憂鬱」

オススメPOINT
①ラノベ入門に最適!初心者でもサクサク読める谷川ワールド!
②アレアレ……?普通の人間がいなさ過ぎて草生えるw
③どんだけ~!原作もアニメも曲も神作だらけ!
 
ぶんご
ぶんご

ライトノベル人気の火付け役の一つと言って良い作品だな。アニメ人気もいまだに高いぞ

ギャル美
ギャル美

友達がカラオケで「God knows...」歌ってたよ!

 

原作1巻を読めるのはココ!
著者:谷川流 イラスト:いとうのいぢ/KADOKAWA
全巻セットはココ!
著者:谷川流 イラスト:いとうのいぢ/KADOKAWA

 

アニメをVODで観る

 

 

⑤ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

©大森藤ノ/SBクリエイティブ/ダンまち製作委員

あらすじ

 

迷宮都市オラリオ──『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。
未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。
人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。
「よし、ベル君、付いてくるんだ! 【ファミリア】入団の儀式をやるぞ! 」
「はいっ! 僕は強くなります! 」
どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。
これは、少年が歩み、女神が記す、── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──
SBクリエイティブ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」

オススメPOINT
①もう平凡とは言わせない!成り上がり物語サイコー!
②ネット小説が生んだ!これが2010~2020年の新王道作品!
③ダンジョンはレベルと好感度を上げる場所です(ドヤッ)
 
ぶんご
ぶんご

ゲームのような世界観を取り入れた新世代のファンタジーでありながら、古き良き王道も押さえてる作品だ!

ギャル美
ギャル美

やっぱり初心者は王道作品が読みやすいよね

 

原作1巻を読めるのはココ!
著者:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト/SBクリエイティブ
全巻セットはココ!

 

 

 

⑥やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

©渡航/小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。

あらすじ

 

青春は残酷だ!?ひねくれ男の妄言ラブコメ
――青春は嘘で欺瞞だ。リア充爆発しろ!
ひねくれ者故に友達も彼女もいない高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学園一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」だった――。
さえない僕がひょんなことから美少女と出会ったはずなのに、どうしてもラブコメにならない残念どころか間違いだらけの青春模様が繰り広げられる。
俺の青春、どうしてこうなった?
小学館「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」

オススメPOINT
①思春期をこじらせまくったひねくれ系主人公!(かなり残念)
②「美少女との出会い=ラブコメ」?そんなに甘くない!(やはり残念)
③キャラの残念さに共感して胸が痛い!(とにかく残念)
 
ぶんご
ぶんご

爽やかな青春もあれば、思春期のひねくれた感じもまた青春だと思わせてくれる。そんな感じの残念な作品

ギャル美
ギャル美

……え、いい話かと思ったら残念なの!?

 

原作1巻を読めるのはココ!

 

アニメをVODで観る
やはりこの製作委員会はまちがっている。

 

 

⑦冴えない彼女の育てかた

©丸戸史明/KADOKAWA/冴えない製作委員会

あらすじ

 

桜舞い散る通学路で運命の出会いをした……ハズの俺。だが、相手はキャラが全く立っていないクラスメートだった!?
「ならば、俺がお前をメインヒロインにしてやる!」
丸戸史明のヒロイン育成ラブコメ、開幕!
KADOKAWA「冴えない彼女の育てかた」

オススメPOINT
①こんなの見たことない!?同人ギャルゲー制作ストーリー!
②ヒロインがどんどん可愛くなるので生きるのが辛い!
③ヒロインたちを選べなさ過ぎてハゲそう(無駄な悩み)
 
ぶんご
ぶんご

ヒロインたちが巻を重ねるごとにどんどん可愛くなっていくから、推しを絞れなくてハゲそう……

ギャル美
ギャル美

ものすごくどうでもいい悩みだね

 

原作1巻を読めるのはココ!
著者:丸戸史明 イラスト:深崎暮人/KADOKAWA
全巻セットはココ!

 

アニメをVODで観る

 

 

<おまけ>ぱっと見ライトノベルとはわからない3作!

©桜庭一樹・武田日向・角川書店/GOSICK製作委員会

 

ギャル美
ギャル美

うーん……

ぶんご
ぶんご

ん? まだ何か気になることが?

ギャル美
ギャル美

初心者にはこの美少女イラストの表紙をレジに持っていくのは、ちょっとハードルが高いというか……

ぶんご
ぶんご

そういう意見もあるか……なら表紙ではライトノベルかどうかわからない作品も紹介しよう!

ギャル美
ギャル美

そんなのがあるの!?

ぶんご
ぶんご

まずはライトノベルを読んで、その良さに触れるところから始めよう!

 

①図書館戦争

あらすじ

 

2019年。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年。日本はメディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げていた。笠原郁は、図書特殊部隊に配属されるが……。
KADOKAWA「図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)」

 

ぶんご
ぶんご

アニメ化だけでなく実写化もされた有川浩さんの代表作の一つだ。本を守る図書隊の設定が斬新で面白いぞ!

ギャル美
ギャル美

えーと……これはライトノベルなのかな?

ぶんご
ぶんご

作者自身が「大人向けライトノベル」と言ってるからライトノベルだ!

ギャル美
ギャル美

あ、そうなんだ……

 

 

アニメをVODで観る
図書館戦争製作委員会

 

 

②GOSICK-ゴシック-

あらすじ

 

20世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴュール。東洋の島国から留学してきた久城一弥と、超頭脳の美少女ヴィクトリカのコンビが不思議な事件に挑む――キュートでダークなミステリ・シリーズ!!
KADOKAWA「GOSICK ―ゴシック―」

 

ぶんご
ぶんご

桜庭一樹さんのミステリー作品だ。角川ビーンズ文庫版ではイラストがあるが、角川文庫版では表紙イラストが影絵になっているぞ

ギャル美
ギャル美

うん、ぱっと見は普通のミステリー小説だね!

 

全巻セットはココ!

 

アニメをVODで観る

 

 

③<戯言>シリーズ

原作1巻を読めるのはココ!

 

ぶんご
ぶんご

表紙はイラストだがちょっとアートっぽい感じだな。初めて本屋でこの作品を見たときは、ライトノベルとは全く気づかなかった!

ギャル美
ギャル美

むしろ映えだね!

 

全巻セットはココ!
著者:西尾維新 イラスト:VOFAN/講談社

 

 

まとめ

「ライトノベル」と「一般小説」の違いって何?と聞かれれば、明確な答えはありません。


なぜかというと、次は「そもそも一般小説って何?」という疑問に行きつき、結局は堂々巡りになるからです。


もしもライトノベル以外を一般小説と定義したとしても、その中にも大きな隔たりがあります。


一般小説の中にも純文学や推理小説、ケータイ小説などがあって、これらを一緒くたにしてよいものか悩みますよね。


今回の「ライトノベルの定義」に対する私の見解に「コイツ適当じゃん!」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、私はそれでいいのだと思っています。


結局「面白い」からライトノベルを読むのであって、面白い作品でもライトノベルは読んで一般小説は読まないと分けるものではないからです。


大雑把に言ってしまえば


純文学→尊敬語
一般小説→丁寧語
ライトノベル→タメ語


くらいの感覚で読めば良いと思います。


むしろ私としては、この記事を読んで「ライトノベルの定義を考える」というよりも、「ライトノベルに興味を持ってもらう」入り口になれば嬉しいです。


気軽に楽しめる娯楽として、ぜひ一度手に取ってみてください!


Enjoy "MUDA" Life!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。