ヒロインズ可愛えぇ…漫画版「魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった」コミカライズ評価

オススメ度 ★★★★★(3/5)
まぁまぁおススメ
ヒロインが多い分、原作よりも「見て」楽しめる!

 

ラノベ好きがラノベ原作の漫画をレビューする第5弾は「魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった」


このコミカライズの長所は、原作よりも「見て」楽しめるところですね。


かなりヒロインが多いこの作品、「推しキャラの挿絵がない……」と嘆く必要はもうナッシング!

 

あらすじ

WEB発の人気小説をコミカライズ! 強すぎる元英雄のギルド依頼解決ファンタジー。
SSSランクの強さを認められた若すぎる5人の冒険者――『奇跡の子供たち』。その一人、ディック・シルバーは討伐したはずの魔王をメイドに従え、ギルドマスターになった。彼のギルドにはほかのギルドでは相談できない依頼だけでなく、ディックに密かに想いを寄せる『奇跡の子供たち』のメンバーが訪れ……。このギルドはどんな依頼も解決する――ただし目立たないように。
KADOKAWA「魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった1」

 

ぶんご
ぶんご

ファンタジア文庫の人気作品「魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった」のコミカライズだ!

ギャル美
ギャル美

タイトルだけで何となく内容が伝わってくるね

ぶんご
ぶんご

主人公のギルドでは、どんな依頼でも目立たないように解決してくれるぞ

ギャル美
ギャル美

何それかっこいい!

ぶんご
ぶんご

国内トップの美少女たちが一点集中してる状態は、果たして目立っていないと言えるのか……

やめてあげて

 

 

「魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった」コミカライズ評価

総合評価 ★★★★★(3/5)
ストーリー・設定 ★★★★(2/5)
作画 ★★★★★(3/5)
オリジナリティ ★★★★(3/5)
原作へのリスペクト ★★★★(3/5)

 

①ストーリー・設定:☆☆★★★(2/5)

©朱月十話・ROHGUN/KADOKAWA

 

ストーリーの流れは原作通りなのですが、気になるのは「原作からカットされた」部分。


もちろんページ数の都合などで、内容がある程度カットされるのは仕方ないと思います。


ただ、「そこカットしちゃうの?」って所が結構やられている印象なんですよねぇ。


特に親友コーディの秘密を主人公が気づかないままなのは……コーディまさかの蚊帳の外?

 

ぶんご
ぶんご

秘密に気づくかどうかで、コーディの立ち位置がクリ〇ンとブ〇マくらい変わってくるからな

ギャル美
ギャル美

なぜ例えがドラ〇ンボール……

 

②作画:☆☆☆☆★(4/5)

©朱月十話・ROHGUN/KADOKAWA

 

どんなコミカライズもヒロインが可愛ければ大体許される(偏見)。


まぁこれは言い過ぎですが、この作品のヒロインは可愛く描けていて素晴らしいですね。


女性キャラが多いので、原作だと挿絵の倍率がエグイことになっていますが、コミックならそんな心配は無用!


しかもサービスシーンも多めで男子諸君が大興ふ……ゲフンゲフン。


とにかく可愛いキャラが多いので、非常に目の保養になりますね。

 

ぶんご
ぶんご

名作だろうが駄作だろうが、キャラが可愛ければ……推せる!

ギャル美
ギャル美

推しがいたら「もっと見たい」って思うよね

 

③オリジナリティ:☆☆☆★★(3/5)

©朱月十話・ROHGUN/KADOKAWA

 

色々とちょっとした場面や、デザインにオリジナリティを感じますが、何といってもこの作品の重要(なのか?)アイテムである仮面!


ちょいちょい出てくる仮面ですが、完全にコミック版だけのオリジナルデザインだそうですね。


……コーディの仮面見て、ちょっとタ〇ノコプロっぽいとは思いましたが。


そもそもが、原作の設定でどんなデザインをしたところで、仮面舞踏会で付けるような仮面にしかなりませんけど(笑)


他にもコミック版でしか見られないキャラデザや衣装をたくさん楽しめますよ!

 

ぶんご
ぶんご

リアルの仮面舞踏会に参加したいならは、ヴェネツィアカーニバルに行こう!

ギャル美
ギャル美

参加できるんだ……

 

④原作へのリスペクト:☆☆☆★★(3/5)

©朱月十話・ROHGUN/KADOKAWA

 

原作にも描かれないような、細かいキャラの表情や動きが良かったです。


シーンのメインとなるキャラをどう描くかは重要ですが、周囲の反応もその場面を輝かせる上で同じくらい重要だと思います。


表情一つどころか、汗一つですら印象を全く違うものにすることがありますからね。


そして何よりも推しキャラの出番(コマ)が増える!(最重要)


小さなコマでも溢れるキャラの魅力……ナイスリスペクト!

 

ぶんご
ぶんご

フリートークは周りが笑ってくれないと地獄だからな

それって実話?

 

「魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった」を楽しめるのはココ!

©朱月十話・ROHGUN/KADOKAWA

 

コミック版を読む

漫画 ROHGUN
原作 朱月十話
レーベル 電撃コミックスNEXT
出版社 KADOKAWA
巻数 ~5巻(2022年6月現在)

 

原作ライトノベルを読む

作者 朱月十話
イラスト 鳴瀬ひろふみ
レーベル ファンタジア文庫
出版社 KADOKAWA
巻数 全9巻
原作1巻を読めるのはココ!

 

まとめ

ラノベ原作漫画のレビュー記事第5弾「魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった」でした。


とにもかくにも可愛いヒロインが多い作品なので、読むだけじゃなく「見る」を楽しめますね。


ただ、原作から割愛されている部分も多いので、原作ファンは微妙に感じるかも?


「俺は推しキャラの可愛い姿が見られればええんや!」という方ならアリアリだと思いますが。


原作のストーリーをシンプルに楽しめる内容になっていると思うので、原作を知る入り口としてはいいですね!


Enjoy "MUDA" Life!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。