田舎って良いよね!ラノベ新作「“悠優”の追放魔法使いと幼なじみな森の女神様。」評価&レビュー

こんな読者におススメ
・追放系の作品が読みたい!
・可愛い女神様とイチャイチャしてぇ!
・都会は疲れた……田舎で暮らそう!

 

日々仕事や学業でストレスを感じている中、ふとテレビを見るとのどかな田舎の風景。


こんな時「田舎に住みたいなぁ」なんて思うことはありませんか?


今すぐ田舎に住むことはできなくても、田舎を感じることはできます。


今回レビューするのはそんな一冊「“悠優”の追放魔法使いと幼なじみな森の女神様。」


余談ですが、私は田舎生まれの田舎育ち、根っからの田舎人です。

 

「“悠優”の追放魔法使いと幼なじみな森の女神様。」評価

©kaede7・村上ゆいち/ホビージャパン

 

ギャル美
ギャル美

田舎暮らしって憧れるよね~

ぶんご
ぶんご

そうか?

ギャル美
ギャル美

えー、ぶんごさんは憧れないの?

ぶんご
ぶんご

いや、憧れるも何も……ド田舎とは言わないが、そこそこ田舎に住んでるからな

ギャル美
ギャル美

めっちゃうらやましい!

ぶんご
ぶんご

家の中に手のひらよりデカい蜘蛛がいても平気か?

ギャル美
ギャル美

…………

 

ぶんごの評価

総合評価 C
今後主人公の成長を促したいのかもしれませんが、とにかく主人公の未熟さが気になった1巻でした。ストーリー上仕方ないのかもしれませんが、ヴィヴィアンとの話がほとんどだったので、もっと他のキャラとの絡みも欲しいですね
ストーリー・設定 ★★★(3/5)
ゲートや緑魔法、失踪した父など謎が多いですが、上手く使えば面白そうな伏線がたくさんありました。その辺りは2巻以降に期待です
キャラクターの魅力度 ★★★★★(2/5)
ヒロインたちは魅力的だったと思いますが、ちょっと主人公が感情移入しづらいです。行動が突発的かつ無謀なことが多いのと、敵対生物への無意味な情けがちょっとイラッとするかも?
イラスト ★★★★(3/5)
キャラの魅力がよくわかる綺麗なイラストでした。挿絵の枚数のバランスも良かったです
文章 ★★★★★(2/5)
大きさの表現でドレイクを比較対象に出されても……もっと大人〇人分などの表現にしてほしかったですね。あと、熊はベアなのに蜂はハッチだったり、ネーミングがカオス
緑魔法の万能度 ★★★★★(3/5)
サブタイトルやあらすじで緑魔法は故郷では万能と書かれていますが、1巻ではまだ器用貧乏といったところ。これに関しては主人公の成長に期待です
田舎の温かさ ★★★★(4/5)
出戻った主人公を温かく迎え入れる田舎の人情は感じられました。2巻以降では、ミーアや他の村人との交流がもっとあると良いですね

 

他の読者の評価

 

主人公とヴィヴィアンとの馴れ初めの話が良かった

フェリスが可愛かった。また主人公と一緒に過ごせるようになるといいな

色々ネタを広げすぎて全てが中途半端

話の導入部分で、主人公の魔法は「森の中では文字通り手にも足にもなる」みたいな、いかにも強そうな書き方をしておいて、実際は雑魚相手に手も足も出ずに負けるシーンを見て一気に冷めた

 

あらすじ

得意の“緑魔法”を活かせず、学院を落第・追放されてしまった心優しき魔法使いリュート。
彼を密かに思う優等生フェリスとも別れ、故郷に戻った彼を待っていたのは、幼なじみの森の女神・ヴィヴィアンと懐かしき人々。
しかも、都会では最弱だった“緑魔法”が、緑の魔力豊かなこの田舎では、圧倒的な力を発揮! 
農業はもちろん、狩りやモンスター退治にまで、万能の大活躍を見せる!
ヴィヴィアンや昔なじみの少女ミーアら、彼に好意を寄せる女の子たちの助力もあり、リュートはやがて緑魔法の力で、魔力を秘めた野菜作りに成功し……?
追放から始まるヒーリング・スローライフ作品にして「第2回ノベルアップ+小説大賞」入賞作!
ホビージャパン「“悠優”の追放魔法使いと幼なじみな森の女神様。1 ~王都では最弱認定の緑魔法ですが、故郷の農村に帰ると万能でした~」

 

ぶんご
ぶんご

成績が振るわず退学になってしまったので、故郷に出戻りすることになってしまった……

ギャル美
ギャル美

めっちゃ切ない

ぶんご
ぶんご

しかし、主人公が得意な緑魔法は都会では役に立たないが、緑豊かな田舎では色んなことができるぞ

ギャル美
ギャル美

その特技でよく都会に行こうと思ったよね

ぶんご
ぶんご

しかも幼なじみの緑の女神の加護があるからな!……森から出られないから森の外では無意味だが

ギャル美
ギャル美

都会との相性悪過ぎでしょ

 

 

「“悠優”の追放魔法使いと幼なじみな森の女神様。」3つの魅力!

©kaede7・村上ゆいち/ホビージャパン

作品の3つの魅力
①可愛い森の女神様とのイチャイチャ(?)ライフ!
②田舎の人々の優しさに癒される!(涙腺崩壊)
③人類の戦いのカギを握るのは……農業!?

 

魅力① 可愛い森の女神様とのイチャイチャ(?)ライフ!

©kaede7・村上ゆいち/ホビージャパン

 

タイトルにもある通り、主人公は幼なじみである緑の女神とイチャイチャライフを送ることになります(タイトルにイチャイチャはない)。


まぁ、この緑の女神ことヴィヴィアンですが、さすがのメインヒロイン力!


強くて可愛くて出番が多い!


……もっと他のヒロインも出してあげてください。


もう一人の幼なじみのミーアや、学友のフェリスも魅力的なので、どんどん出番を増やしてほしいですね。


メインヒロインの立場は脅かされるかもしれませんが(笑)

 

ぶんご
ぶんご

ラノベでメインヒロインが入れ替わるのは良くあることだからな

ギャル美
ギャル美

ヒロインレースも熾烈な争いがあるんだね……

 

魅力② 田舎の人々の優しさに癒される!(涙腺崩壊)

©kaede7・村上ゆいち/ホビージャパン

 

学院を退学になって故郷に出戻った主人公ですが、待っていたのは村の人たちの温かい出迎えでした。


いいですねぇ、田舎の温かみって。


現代社会は右見ても左見てもストレスだらけですから、人の温かさに触れただけでもう……。


あれ、目から汗が(涙腺崩壊)。


同じように目から汗が出たそこのアナタ、心が疲れてるのよ。


田舎の温かさに触れて癒やされようぜ!

 

ぶんご
ぶんご

まぁリアル田舎もご近所との軋轢があったりして、それはそれでストレスが……

ギャル美
ギャル美

あーあー! 何も聞こえない!

 

魅力③ 人類の戦いのカギを握るのは……農業!?

©kaede7・村上ゆいち/ホビージャパン

 

学院を追い出されてしまった主人公ですが、農業で国を支えることを決意します!


……地味とか思ったらダメですよ。


たまに「農業とかダサい。時代はITだろ!」みたいな人いますけど、農家の方々がいなかったら食べるもの無くなって死ぬからね?


主人公だって食糧不足を解決するために頑張ってるんだよ!


農業王に俺(主人公)はなる!(※言ってません)

 

ぶんご
ぶんご

ちなみに原産地は人類未踏の樹海の中

ギャル美
ギャル美

やってることは全然地味じゃなかった!

 

「“悠優”の追放魔法使いと幼なじみな森の女神様。」を楽しめるのはココ!

©kaede7・村上ゆいち/ホビージャパン

 

ライトノベルを読む

ジャンル 追放から始まるヒーリング・スローライフ
作者 kaede7
イラスト 村上ゆいち
レーベル HJノベルス
出版社 ホビージャパン
発売日 2021年10月19日

 

「“悠優”の追放魔法使いと幼なじみな森の女神様。」が気になった方におススメ!

©岡沢六十四・村上ゆいち/オーバーラップ ©内藤騎之介・やすも/KADOKAWA ©風来山・鈴穂ほたる/双葉社

 

ぶんご
ぶんご

今回のおススメは「農業チートな主人公」の作品だ!

ギャル美
ギャル美

農業チートって何!?

 

①異世界で土地を買って農場を作ろう

著者:岡沢六十四 イラスト:村上ゆいち/オーバーラップ

あらすじ

 

現代から異世界の人間国へと召喚された青年・糸波紀男。
しかし、紀男は異世人が必ず持つという「スキル」を持っていなかった。
役立たずと判断された彼は、未開の土地へと追放されてしまう。
なんのスキルも持たないように見えた紀男だが、実は『至高の担い手』と呼ばれる「ギフト」という特殊な能力を得ていたことが判明。
異世界らしさを求め、糸波紀男改め「キダン」と名乗り、土地を開拓していくことを決意する。
手にしたものの潜在能力を極限以上に引き出すという『至高の担い手』の能力を使い、悠々自適に土地を開拓しながら、近くの海辺で釣りをしていたところ、人魚の美少女が釣れてしまう!
「プラティ」と名乗った人魚は、釣り上げられた落とし前を付けると称して、主人公への嫁入りを宣言し――!?
未開の土地を賑やかな隣人達と開拓していく、異世界スローライフ、始まります!
オーバーラップ「異世界で土地を買って農場を作ろう1」

 

ぶんご
ぶんご

異世界召喚されたのに追放されてしまった主人公が、特殊な能力で未開の土地を開拓していくぞ!

ギャル美
ギャル美

というか、召喚しておきながら追放って……

 

全巻セットはココ!
著者:岡沢六十四 イラスト:村上ゆいち/オーバーラップ

 

 

②異世界のんびり農家

著者:内藤騎之介 イラスト:やすも/KADOKAWA

あらすじ

 

闘病の末に命を落とした青年・火楽(ヒラク)は、
神様によって蘇生され、若返って異世界に転移した。
第二の人生、のんびり農業を楽しむために!

神様に授けられた『万能農具』を手に、自由気ままに異世界を切り拓く!
そこに天使や吸血鬼、エルフに竜まで現れて……。
あっという間に村になり、気付けば俺が村長に!?

スローライフ・農業ファンタジー、ここに開幕!
KADOKAWA「異世界のんびり農家01」

 

ぶんご
ぶんご

異世界で農業してたら他種族ハーレムができてた。農家ってモテるんだなぁ……

ギャル美
ギャル美

それ農家とは関係ないと思うよ

 

全巻セットはココ!

 

 

③神々の加護で生産革命

あらすじ

 

社畜・大野タダシは、転生の最中、これまで誰も選ばなかった農業の加護を選んだことで神に感激され、前代未聞の手厚い加護を受ける。そして異世界で夢のスローライフを営む――はずが、そこは土地が荒れ、瘴気ただよう辺獄《へんごく》と呼ばれる巨大な半島!?タダシは苦戦しながらも、持ち前の真面目な性格と神からの加護でグングンと農業の規模を大きくしていく。さらにはタダシの作る物資を求め、迫害されたエルフの元女王、獣人の女勇者、ドワーフの名工も集まってきて――。農業・建国・スローライフ!ほのぼの異世界農業ファンタジー!
双葉社「神々の加護で生産革命~異世界の片隅でまったりスローライフしてたら、なぜか多彩な人材が集まって最強国家ができてました~ 1」

 

ぶんご
ぶんご

不人気の農業神の加護を選んだら、限界突破の加護をもらってしまった主人公だ。クワで隕石すら耕せるほどの加護だぞ!

ギャル美
ギャル美

いや、それどういう状況!?

 

 

 

まとめ

1巻を読んだ限りでは、まだ今後どのようにストーリーが展開していくのか読めません。


というのも、設定に謎が多すぎて物語の主題をつかめていないところがあるからです。


スローライフなのか、バトルファンタジーなのか……とはいえ王都での戦闘激化や、あの不穏なエピローグを考えれば平和にスローライフとはいかないでしょう。


ヴィヴィアンは常に主人公と一緒にいるので出番が多いのは仕方ありませんが、他のヒロインの出番が少なすぎるのでもう少しバランスが取れると良いですね。


率直に言って1巻だけではなんとも言えないので、購入を検討している方は2巻を待つのもアリだと思います。


2巻のレビュー記事も書く予定なので、今回の記事と合わせて参考にしてもらえれば嬉しいです!


Enjoy "MUDA" Life!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。