色んな戦いが熱い!ラノベ新作「生産魔法師のらくらく辺境開拓」評価&レビュー

絶対に負けられない戦いがここに……ありすぎィ!

 

ハーレム系のラノベって男女ともにシャイなタイプが多いですよね。


好意を持ってることがバレそうになったら、意味もなくとっさに否定してみたり。


そういうところが可愛いキャラもいますが、最近はちょっと多すぎてイラッとしてしまうのも事実です。


しかし、今回レビューする作品「生産魔法師のらくらく辺境開拓」は女性陣が全員肉食女子!


むしろメインのバトルより激しいのでは?と思ってしまうほどの嫁争いです!

 

「生産魔法師のらくらく辺境開拓」評価

©苗原一・らむ屋/KADOKAWA

 

ぶんご
ぶんご

村から国に発展させるゲームとかあるけど、ロマンだよなぁ

ギャル美
ギャル美

う~ん、私はちょっとわからないかなぁ

ぶんご
ぶんご

まぁこういう成り上がりとか下剋上とかは、どっちかというと男の方が好きだしな

ギャル美
ギャル美

下剋上かぁ……あんまりピンと来ないね

ぶんご
ぶんご

OLがセクハラ上司を訴えて会社から追い出すとか

ギャル美
ギャル美

わかりやすいけどロマンがゼロ!

 

筆者の評価

総合評価 B 良くも悪くも尖ったところの少ない作品です。残念だったのは、ブラック職場のその後が書かれていなかったせいで、主人公の力がどれほど規格外かわかりづらかったところです。人の反応だけでなく、比較対象があるとなお良いと思います
ストーリー・設定 ★★★ 設定自体はわりとよくあるものだと感じました。しかし、戦闘描写などは個人のチートに頼るものではなく、それぞれのキャラに役割を持たせていたのが良かったと思います
キャラクターの魅力度 ★★★★ ヒロイン、特に鬼人の二人はキャラもしっかりしていてよかったと思います。しかし、残りのヒロインは主人公に惚れる理由付けがイマイチで、ちょっとチョロすぎる印象が否めませんね
イラスト ★★★ カラーが鮮やかできれいなイラストでした。白黒の挿絵よりもカラーの方が上手に見えます。
文章 ★★★★ 特に読みにくさなどはありませんでしたが、たまにキャラが入れ替わってたり「アレ?」と思う部分がありました。細かいことかもしれませんが、ちょっと気になりました
主人公の人の良さ ★★★ 頼まれたら無償で何でも作ってくれる善人。ただ、敵対する相手への対応など、人が良いという甘いという方が正しいかも?
嫁戦争の激しさ ★★★★★ 普段は比較的仲の良いヒロインたちも嫁ポジ争いではバチバチ。むしろメインの戦闘よりも激しくないか?

 

他の読者の評価

 

いざクビになってもつい働きすぎるところが、根っからの仕事人間が追放されたら~という感じでリアルで良かった

メインヒロインの紋章の力が思いがけない形で最後に垣間見えたのは笑った。他のヒロインも紋章の謎が明かされていくのかな

主人公もヒロインも甘ちゃんすぎてイラッとした

続編を書くためだろうけど、謎ばっか増やして回収しないから結局意味がわからん

 

あらすじ

休みなし、安月給というブラックな騎士団で生産魔法師をしていたヨシュア。
ただでさえ過酷な環境のなかで彼は、『人々のため魔王軍と戦う』という信念をも忘れてしまった幼馴染の騎士団長と袂を分かち、団を去ることにする。
新たな仕事を探して、助手のスライムとともに旅に出たヨシュアだったが、道中で亜人狩りに追われる鬼人族の姫イリアと出会い、間一髪のところで彼女を危機から救う。
お礼に招かれた鬼人族の集落で歓待を受けるヨシュアだったが、彼女たちが魔王軍や奴隷商人などに虐げられる姿を見かねて、自身が使える生産魔法で手助けしようと決める。
いつのまにか極限まで研鑽された彼の生産魔法は、多くの人々に幸福をもたらし――!!
「それが生産魔法師の役目だ。俺がこの村で役立つアイテムを作るよ」
最高の生産魔法師が、頼れる仲間たちと共にゆく、ホワイト国家建国ファンタジー!
KADOKAWA「生産魔法師のらくらく辺境開拓 ~最強の亜人たちとホワイト国家を築きます!~ 1」

 

ぶんご
ぶんご

ブラックな職場を追放されたので旅をしてたら、襲われてる鬼のお姫様を助けることになったぞ。これは完全にフラグが立ったな!

ギャル美
ギャル美

マンガとかでも恋に落ちるパターンだよね!

ぶんご
ぶんご

実際はお姫様っていうか村長みたいな立場だったけどな

ギャル美
ギャル美

……何だろう、イメージがお城から農村に変わったんだけど

ぶんご
ぶんご

ほぼ正解。結局お姫様だけを救うだけじゃなくて、村を発展させることになったから、そのうちガチで城とか作りそうだけどな

ギャル美
ギャル美

村の発展=城が建つっておかしくない?

 

「生産魔法師のらくらく辺境開拓」3つの魅力!

©苗原一・らむ屋/KADOKAWA

作品の3つの魅力
①小さな村から始める国造り……これはロマンしかない!
②人間VS魔王軍VS主人公たちの戦いが激熱
③主人公の嫁争いも熱い!負けられない戦いがここにある!

 

魅力① 小さな村から始める国造り……これはロマンしかない!

©苗原一・らむ屋/KADOKAWA

 

ぶんご
ぶんご

村は全く発展してない状態からスタートだ。そもそも道具も石器とかだしな

ギャル美
ギャル美

文化レベルが縄文時代とかじゃん

ぶんご
ぶんご

主人公の魔法のおかげで剣とか鎧とかクロスボウとかが使えるようになったぞ

ギャル美
ギャル美

進化させすぎじゃない!?

ぶんご
ぶんご

村を発展させて、やがて国になる……これはロマンしかないな!

ギャル美
ギャル美

ヤバい国になりそうな気がする……

 

魅力② 人間VS魔王軍VS主人公たちの戦いが激熱!

©苗原一・らむ屋/KADOKAWA

 

ぶんご
ぶんご

人間軍と魔王軍は絶賛戦争中!領土を取ったり取られたりと激しく争っているぞ!

ギャル美
ギャル美

ちなみに主人公たちのいる村ってどっちの領土にあるんですか?

ぶんご
ぶんご

ほぼ中間ぐらいかな

ギャル美
ギャル美

最悪じゃん!

ぶんご
ぶんご

亜人はどちらの勢力からも虐げられてる種族だからな。全面戦争待ったなしだ( ´∀`)bグッ!

ギャル美
ギャル美

えー……

 

魅力③ 主人公の嫁争いも熱い!負けられない戦いがここにある!

©苗原一・らむ屋/KADOKAWA

 

ぶんご
ぶんご

主人公を巡る女同士の戦いもバチバチだぞ!魔王軍との戦いより激しいかもしれない……

ギャル美
ギャル美

どんだけヤバいのよ、女の戦い

ぶんご
ぶんご

読んでる側からすれば「もう一夫多妻で良くね?」て感じだが、ヒロインたちは嫁の座を譲るつもりはないみたいだな

ギャル美
ギャル美

読んでる側の感想がひどすぎる

ぶんご
ぶんご

やはり正妻の座に一番近いのはお姫様だろうな。他の女を見つめる顔は冗談抜きで般若と同じ顔らしいからな

ギャル美
ギャル美

怖っ!それ本当にヒロインなの!?

 

「生産魔法師のらくらく辺境開拓」を楽しめるのはココ!

©苗原一・らむ屋/KADOKAWA

 

ライトノベルを読む

ジャンル ホワイト国家建国ファンタジー
作者 苗原一
イラスト らむ屋
レーベル MFブックス
出版社 KADOKAWA
発売日 2021年9月25日

 

 

「生産魔法師のらくらく辺境開拓」が気になった方におススメ!

©風来山・鈴穂ほたる/双葉社 ©星崎崑・あるや/KADOKAWA ©鈴木竜一・LLLthika/KADOKAWA

 

ぶんご
ぶんご

今回のおススメは「他種族と辺境で国(村)作り」する作品をそろえたぞ!

ギャル美
ギャル美

範囲せまっ!

 

①神々の加護で生産革命

©風来山・鈴穂ほたる/双葉社

あらすじ

社畜・大野タダシは、転生の最中、これまで誰も選ばなかった農業の加護を選んだことで神に感激され、前代未聞の手厚い加護を受ける。そして異世界で夢のスローライフを営む――はずが、そこは土地が荒れ、瘴気ただよう辺獄《へんごく》と呼ばれる巨大な半島!?タダシは苦戦しながらも、持ち前の真面目な性格と神からの加護でグングンと農業の規模を大きくしていく。さらにはタダシの作る物資を求め、迫害されたエルフの元女王、獣人の女勇者、ドワーフの名工も集まってきて――。農業・建国・スローライフ!ほのぼの異世界農業ファンタジー!
双葉社「神々の加護で生産革命~異世界の片隅でまったりスローライフしてたら、なぜか多彩な人材が集まって最強国家ができてました~ 1」

 

ぶんご
ぶんご

農業の加護がカンストしすぎて隕石すら耕せてしまう主人公だ!人が住めない土地を開拓して、他種族国家を立ち上げることになるぞ

ギャル美
ギャル美

隕石を耕すって何!?

 

 

②てのひら開拓村で異世界建国記

©星崎崑・あるや/KADOKAWA

あらすじ

異世界に転生した少年・カイは生まれた時から邪神に呪われており、
村の掟によって魔物だらけの孤島に捨てられてしまう。
絶体絶命の状況に陥ったカイ……。助けが来ないこの島で生き延びることはできるのか!?
と思いきや、なぜか島に住んでいた少女・アビスと共に暮らすことに。
さらに邪神の祝福による『てのひら開拓村』というスキルを持っていて、
箱庭内の村で自由に物を生産できるようになったり、
貰った種から戦士(二頭身)や魔法少女(狐耳)が生えてきたりと、
気付けば楽々サバイバルに!
さらに島流しにあった少女や亡国の姫と女騎士を救ったりしてるうちに、
あれ、いつの間にか国まで作ることに!?
どこでも生産&交易能力で、異世界のんびり建国記!
KADOKAWA「てのひら開拓村で異世界建国記 ~増えてく嫁たちとのんびり無人島ライフ~」

 

ぶんご
ぶんご

宗教的理由で無人島に島流しされてしまった主人公だが、どんどん人を(色んな所から)増やして国を造っていくぞ!

ギャル美
ギャル美

無人島に国を造ろうとするバイタリティがすごすぎる……

 

 

③無敵の万能要塞で快適スローライフをおくります

©鈴木竜一・LLLthika/KADOKAWA

あらすじ

「洋裁職人」の適性職診断を受け、聖騎隊を去ったトア。だが、廃棄された巨大要塞を見つけた時、真のジョブはこれを自在に改造できる、超便利な「要塞職人」だったことが判明する!
しかし、戦争なんて全然興味ないトアは、要塞をマイホームとして有効活用することに。最高級の家具を量産し、農地を拓き、風呂を造って快適ライフを満喫!
しているうちに、いつの間にやら脳筋エルフや伝説の人狼一族、救国の魔女など、最強の種族たちが次々と住み着いてきて……!?
KADOKAWA「無敵の万能要塞で快適スローライフをおくります~フォートレス・ライフ~」

 

ぶんご
ぶんご

洋裁職人と思いきや、要塞を改造できる「要塞職人」の主人公が、その力を活かして要塞の中に村を作ってしまうぞ!

ギャル美
ギャル美

そもそも、要塞職人って何なのよ……?

 

 

まとめ

今回の作品は、お人好しな主人公が亜人たちの村を発展させるために、様々な道具を作り出すというものでした。


石器から鉄器を飛び越して、いきなりクロスボウというのはなかなかエキセントリックですが、道具を活用して戦いに勝つという展開は良かったと思います。


ヒロイン全員がはっきりと好意を示して、主人公を奪い合うというのも最近の作品ではあまりなく、個人的に好感を持てました。


ただ、鬼人のヒロイン二人が主人公に惚れるのはわかりますが、後二人に関してはちょっと惚れるのが早すぎた感がありました。


後は、主人公の能力がどれだけ高いかがわかりづらいので、他社との比較や主人公が去った後の騎士団の様子などがあったらなお良かったと思います。


色々言いましたが、全体としては非常にまとまっていて面白い作品でした。


村づくりやクラフトゲームが好きな人は、特に楽しめると思います。


やっぱ国造りってロマンだよね!


Enjoy "MUDA" Life!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です