何てダメなやつらだ…!新作「無能と呼ばれた『精霊たらし』」評価&レビュー

こんな読者におススメ
・追放ものが読みたい!
・絵に描いたような手のひら返しって最高だよな!
・クズな悪役に「ざまぁ」してスッキリしたい!
・お姫様(複数)に溺愛されても……イイんです!

 

突然ですが時代劇は好きですか? または見たことはありますか?


時代劇の特徴の一つとして悪役がとてもわかりやすいというのがあります。


子どもが見ても「あ、こいつ悪い奴だ!」と思うレベルです。


そう考えると、時代劇の悪役の俳優さんってプロフェッショナルだなぁって思っちゃいます。


話がそれましたが、今回レビューする作品は「無能と呼ばれた『精霊たらし』」


最近のラノベの多くはわかりやすい悪役がいますが、その中でもトップレベルでクズな悪役です。

 

「無能と呼ばれた『精霊たらし』」評価

©佐藤謙羊・あんべよしろう/マッグガーデン

 

ぶんご
ぶんご

実は俺、親の影響で時代劇も好きなんだよね

ギャル美
ギャル美

何気に趣味が幅広いよね

ぶんご
ぶんご

昔は印籠を出すシーンにワクワクしていたが、大人になると悪役の良さもわかってくるんだよなぁ

ギャル美
ギャル美

悪役がムカつくほど、勝った時にスカッとするからね!

ぶんご
ぶんご

ところで、なぜ悪代官へのワイロは最中(もなか)の下に隠すんだろう?

ギャル美
ギャル美

知らんわ

 

ぶんごの評価

総合評価 C
主人公がひたすら無能扱いされるばかりで、どうやって魔王討伐に貢献していたかがほぼ語られていないのが残念。話の流れも無能扱い→手のひら返しの繰り返しだったので、もう少し工夫が欲しかったかも
ストーリー・設定 ★★★★★(2/5)
人と精霊が共生していて、国家まであるのに精霊の扱いが低すぎることに違和感。過去の勇者との契約など、説得力を持たせる設定が欲しかったです
キャラクターの魅力度 ★★★★★(2/5)
人間キャラの性格がほとんど破綻していて恐怖……。明らかに見え見えの地雷を踏みに行くばかりで、あまりにも頭が悪すぎる。主人公が精霊に対してはあれだけ何でも言えるのに、人とは全くしゃべれない設定も違和感が強いです
イラスト ★★★★(3/5)
ストーリーの進行上仕方ないのかもしれませんが、描かれるキャラに偏りが大きかったのが残念。何枚かは悪役側やその他のキャラのイラストがあっても良かったかなぁ
文章 ★★★★★(2/5)
やたらと叫ぶセリフが多いので、「!」や「ー」が多用されていて少し読みづらいかも。勇者のセリフも「無礼者」のワンパターンだったので、もう少しバリエーションが欲しい気がします
勇者の無能度 ★★★★★(5/5)
どう考えてもこいつじゃ魔王に勝てんだろ、というレベルの無能。絶対今までに問題起こしてるはずなのに、人気が高いのが世界の謎
精霊からの人気度 測定不能
ありとあらゆる精霊(+α)に溺愛されまくり。火や泉の精霊はわかるけど、井戸や木炭の精霊とは何ぞや?

 

他の読者の評価

 

追い出した方の性格が悪いので、ざまぁもより面白い。ぬるい主人公の話よりこっちが楽しかった

Web版から追加されたざまぁも良かったのですが、ユニバスとティフォンのなれそめがわかる話が特に良かったです

勇者聖女はその後の追い打ちに期待してたのに無かったし、没落しなきゃならないのはあと少なくとも2人はいるでしょ?

セリフのかけあいが寒く感じた。滑ってるというか……

 

あらすじ

ユニバスは精霊とコミュニケーションできる『精霊たらし』のスキルで勇者パーティに貢献していた。
しかし、魔王を退けて凱旋する直前になって、コミュ障を理由に仲間たちから罵られ、パーティから追放されてしまう。
さらに就職先からもクビを言い渡されてしまい、全てを失ってしまうユニバス。
絶望のなか、勇者と精霊姫ティフォンの結婚式を見に行くのだが、なぜかティフォンは勇者をほったらかしにして、ユニバスの元へと飛んできた。
「ゆっ……ユニバスくぅぅぅーーーーんっ!! 死んだんじゃなかったの!?」
精霊姫ティフォンは勇者との結婚を一方的に破棄し、ユニバスとともに逃げ出す。
ユニバスはティフォンとともに逃避行の旅をするのだが、その道中で気付いていく。
自分はとても精霊に愛されていたんだ、と……!
『精霊たらし』ユニバスと、精霊姫たちのいちゃラブ大冒険、開始!
マッグガーデン「無能と呼ばれた『精霊たらし』~実は異能で、精霊界では伝説的ヒーローでした~」

 

ぶんご
ぶんご

コミュ障すぎて勇者パーティからも職場からも追放された主人公の話だ

ギャル美
ギャル美

いきなり不憫としか言いようがないんだけど

ぶんご
ぶんご

その代わり精霊に好かれまくってるから、精霊の姫と駆け落ち逃避行することになるんだが

ギャル美
ギャル美

どうしてそうなった

ぶんご
ぶんご

ちなみに姫は8人いるらしい

ギャル美
ギャル美

え……勝ち組じゃん……

 

原作ライトノベルを読めるのはココ!

 

「無能と呼ばれた『精霊たらし』」3つの魅力!

©佐藤謙羊・あんべよしろう/マッグガーデン

作品の3つの魅力
①老若男女にモテモテ!?女たらしならぬ精霊たらし!
②これはひどい!悪役がろくでなししかいねェ……!
③勇者伝説を塗り替えて大逆転だっ!(手のひら返しがヒデェ)

 

魅力① 老若男女にモテモテ!?女たらしならぬ精霊たらし!

©佐藤謙羊・あんべよしろう/マッグガーデン

 

主人公のスキル「精霊たらし」はあらゆる精霊とコミュニケーションが取れる&好かれるという特殊能力。


火の精霊に水の精霊、風の精霊といったメジャーっぽいのから、井戸の精霊(画像の娘)木炭の精霊のようなマニアックな精霊に至るまで溺愛されまくり!


さらには井戸の精霊に認められて、伝説の聖剣イドオンソードを授かって……、


あぁ、ツッコミどころが多すぎる!


井戸の精霊って何!? 木炭の精霊って何!? 何よりイドオンソードって何やねん!?


……井戸の精霊イドオンさん、良いキャラでございました(笑)

 

ぶんご
ぶんご

聖剣イドオンソードで魔王と戦えるだろうか?

ギャル美
ギャル美

……その剣で戦うのは勇気がいるなぁ

 

魅力② これはひどい!悪役がろくでなししかいねェ……!

©佐藤謙羊・あんべよしろう/マッグガーデン

 

はい、上に見えますのは勇者様と聖女様のツーショットイラストでございます。


どこからどう見ても悪人面です、ありがとうございます。


勇者と聖女なんだから見た目と違って実は良い人……ということもなく純度100%の悪人!


具体的に言うと主人公に遊びで火をつけたり、精霊をダーツを的にするような人でなしです。


しかも、悪事は全て主人公になすりつけるというド外道っぷり。


っていうかこの作品、悪いことは全て他人のせいにするダメ人間が多すぎるんですよ……。


相手がムカつくほど、「ざまぁ」でメシウマなんだけどね!

 

ぶんご
ぶんご

「ざまぁ」があればご〇んですよがなくてもメシウマだな!

ギャル美
ギャル美

ご飯のお供扱い……?

 

魅力③ 勇者伝説を塗り替えて大逆転だっ!(手のひら返しがヒデェ)

©佐藤謙羊・あんべよしろう/マッグガーデン

 

特技は逆ギレと罪のなすりつけ、そして他人の功績を横取りすることという「ザ・人間のクズ」な勇者様。


各地に色んな功績やら伝説が残っていますが、ほとんど(というか全部?)が主人公の功績の横取りです。


……井戸に毒を投げ込んだとか、泉の精霊がいなくなったとか問題行動の方が多い気がしますが。


でも問題行動は全て主人公のせいにしてるから、世界中で主人公が嫌われ者になってるんですよね……。


何だかんだ誤解が解けて「勇者=クズ」という事実が広がりつつあるのは痛快としか言いようがありませんけどね!


そもそも他国の王族や重鎮にやらかして、土下座外交するハメになってる時点で遅かれ早かれ自滅してた気がしますが(笑)

 

ぶんご
ぶんご

他国の使者に逆ギレして国交断絶寸前にまで追い込まれる勇者だからな

ギャル美
ギャル美

ある意味勇者(笑)だね

 

「無能と呼ばれた『精霊たらし』」を楽しめるのはココ!

©佐藤謙羊・あんべよしろう/マッグガーデン

 

ライトノベルを読む

ジャンル 精霊姫たちとのいちゃらぶ大冒険ファンタジー
作者 佐藤謙羊
イラスト あんべよしろう
レーベル マッグガーデン・ノベルズ
出版社 マッグガーデン
発売日 2021年9月10日

 

原作ライトノベルを読めるのはココ!

 

「無能と呼ばれた『精霊たらし』」が気になった方におススメ!

©十夜・宵マチ/スクウェア・エニックス ©赤城大空・タジマ粒子/小学館 ©井中だちま・飯田ぽち。/KADOKAWA

 

ぶんご
ぶんご

今回は主人公が溺愛されまくる作品を集めてみたぞ!

ギャル美
ギャル美

無条件にヘイトを集めそうな主人公だね……

 

①悪役令嬢は溺愛ルートに入りました!?

著者:十夜 イラスト:宵マチ/スクウェア・エニックス

 

あらすじ

乙女ゲームの悪役令嬢に転生したルチアーナ。前世ではアラサー喪女だったため、「生まれ変わったら、モテモテの人生がいいなぁ」なんて妄想していたけれど。
決めた!断罪イベントを避けるため、恋愛攻略対象を全員回避で、今世もおとなしく過ごします!
なのに、待って。どうしてみんな寄ってくるの?
おまけに私が世界で一人だけの『世界樹ユグドラシルの魔法使い』!?
いえいえ、私は絶対にそんな貴重な存在ではありませんから!
もちろん溺愛ルートなんてのも、ありませんからね――!?
スクウェア・エニックス「悪役令嬢は溺愛ルートに入りました!?」

 

ぶんご
ぶんご

嫌われ令嬢に転生していたはずなのに、気づけば攻略対象から溺愛されていたというオチだ

ギャル美
ギャル美

オチって言わないであげて

 

②僕を成り上がらせようとする最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場

 

あらすじ

あるところに、世界最強クラスと称される三人の女傑がおりました。
しかしそんな三人にも手に入らないモノがありました。
それは――男。
しかしあるとき、そんな彼女らに天啓が舞い降ります。
「好みの男がいないなら、自分で育てりゃいいじゃない!」
そして三人はとある事件をきっかけに、クロスという才能の欠片もない少年に目をとめることになったのです。
その世界に数人しか存在しないと言われるS級冒険者。
《龍神族》の《崩壊級万能戦士》――リオーネ・バーンエッジ
《ハイエルフ》の《災害級魔導師》――リュドミラ・ヘィルストーム
《最上位吸血族》の《終末級邪法聖職者》――テロメア・クレイブラッド
の三人はクロスを最強の男に仕立てあげ、そして自分の伴侶にしようと目論みます。
でも、クロスはひとり。
三人は三者三様にクロスを育成しながら、ひそかに抜け駆けをすることを目論んでいるのです。
でもクロスはそんなことも知らず、次第に力をつけていく日々に喜んでいるのでした……。
これは、最弱の少年が最強の師匠たちと共に最強へと駆け上がっていく物語。
そして、最強女師匠たちのお婿さん育成計画のお話――。
小学館「僕を成り上がらせようとする最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場」

 

ぶんご
ぶんご

婚期を焦った世界最強の女達が逆光源氏計画を仕掛ける話だ

ギャル美
ギャル美

どういうことなの!?

 

③通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?

 

あらすじ

「マー君。これからお母さんと一緒にたくさん冒険しましょうね」
夢にまでみたゲーム世界に転送された高校生、大好真人だが、なぜか真人を溺愛する母親の真々子も付いてきて!?
母親同伴の新感覚冒険コメディ開幕!
KADOKAWA「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」

 

ぶんご
ぶんご

息子を溺愛する母親が高校の制服を着ても違和感ゼロな美魔女な件

ギャル美
ギャル美

それは美魔女を超えたナニカだと思うわ

 

まとめ

今回は精霊に愛されながらも、コミュ障ゆえに虐げられてきた主人公の話でした。


人間側の9割がダメ人間なので、足の引っ張り合いやののしり合いが非常に見苦しかったです。


ある意味、人間らしいっちゃらしいかもしれませんが……


ですが、今後登場するであろう精霊姫や、馬脚をあらわした勇者と主人公の評価が逆転していく過程は気になる作品ではあります。


もう少し文章が読みやすくなると、もっと面白くなると思います。


気になった方は、一度試し読みをしてみることをおススメします!


Enjoy "MUDA" Life!

 

 

原作ライトノベルを読めるのはココ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。