ラノベ界のワンパンマン!?「迷宮殺しの後日譚」ラノベ評価&レビュー

こんな読者におススメ
・主人公が強すぎる作品が読みたい!
・教え子に慕われる教師ドラマとか好きなんです!
・生徒と教師のラブコメ……これはロマンだな

 

「強すぎる主人公」と言ったら誰を思い浮かべるでしょうか?


ワンパンマンのサイ〇マ、SAOのキ〇ト、暗殺教室の殺〇んせーetc……


今回紹介する作品「迷宮殺しの後日譚」の主人公も、これに匹敵するほどの最強っぷり!


世界最強の主人公が教官となって教え子に慕われる(予定)のお話です。

 

「迷宮殺しの後日譚」評価

©坂石遊作・黒兎/小学館

 

ぶんご
ぶんご

「〇〇すぎる」って表現は嫌われすぎてて、もはや誰得?って感じだよな

ギャル美
ギャル美

あ~、美人すぎるとかイケメンすぎるってよく言うけどシラけるよね

ぶんご
ぶんご

さすがに自分で言ってないだろうしなぁ。自分で言ってるなら自業自得だが

ギャル美
ギャル美

フツメンが自分でイケメンすぎるって言ってたら大炎上するよ

ぶんご
ぶんご

そういう人は自分をどう言ったら良いと思う?

ギャル美
ギャル美

……フツーすぎるメンズ?

ぶんご
ぶんご

辛すぎる現実!

 

筆者の評価

総合評価 B
世界最強主人公が単純に無双するだけじゃなくて、きちんと教え子と向き合ってるのが好印象。1巻はほぼアリスの話だったので、これから他のキャラと上手く絡んでいけたら面白くなっていきそうですね
ストーリー・設定 ★★★★(3/5)
実は世界最強主人公が教官となって教え子たちをぎゃふん……じゃなくて見直させて、慕われていくという構成です。生意気だった教え子たちが態度を変えていく様は、王道の流れで良かったと思います
キャラクターの魅力度 ★★★★★(3/5)
1巻なので仕方ないですが、主人公とメインヒロイン?のアリスくらいしかキャラがしっかり描かれていなかった印象。おそらく今後、他のキャラのアレコレも描かれると思うので期待大
イラスト ★★★★★(2/5)
キャラの造形は可愛く描かれていると思うんだけど……うーん、イマイチ動きを感じないというか。いや、ホント生意気言ってゴメンナサイなんですが
文章 ★★★★★(3/5)
坂石遊作さんの他の作品も読んでいますが、さすがの安定力ですね。いつもよりちょっとライトな雰囲気だったかも?
ラブコメ度 ★★★★★(3/5)
バトルとラブコメを詰め込んでいるらしいですが、ラブコメ要素はさほどでもないかなぁ。主人公のキャラと、ヒロインが幼すぎるのが原因っぽい。こうなったらエラ先生頑張れ!
主人公の強さ ★★★★★(5/5)
例えるならワンパンマンのサ〇タマ的強さ。主人公が出てきたら敵終了待ったなし

 

他の読者の評価

 

主人公が教え子のピンチに駆け付けてワンパンで解決するのカッコよすぎ

ダンジョンが出てくるラノベはいっぱいあるけど、また違った切り込み方で面白かった

ヒロインの行動が人に迷惑をかけてばかりでイライラする

あんな強い主人公を簡単に追放するって無能にもほどがあるだろ

 

あらすじ

「次の時代に、やつは不要だ」

モンスターを生む、人類の脅威『迷宮(ダンジョン)』。その唯一の天敵にして、数多のダンジョンを破壊してきた最強の探索者、“迷宮殺し(ダンジョンスレイヤー)"のレクトは、ダンジョンとの共存を望む国から疎まれ、一方的に探索者の資格を剥奪されてしまう。そんな中、レクトにダンジョン教習所の教官にならないかとの誘いが。レクトは次世代を担う優秀な探索者を自ら育てるため、“迷宮殺し"の過去を隠して教官になると決意する。才能に満ち溢れた生徒たちは、最初こそ新米教官のレクトを馬鹿にしていたが、やがて――。

「レクト教官って……もしかして、凄い人?」

レクトが生徒たちに認められた頃、生徒の一人である公爵家の令嬢アリスに陰謀の影が迫る。さらに、天敵不在となったダンジョンが活性化を始め、人類に未曾有の危機が。レクトは教官として生徒達を護ることができるのか。

「誰の生徒に手を出したのか、教えてやろう」

規格外の力を持った英雄による前代未聞の授業開始――!!
小学館「迷宮殺しの後日譚~追放された最強の探索者、引退してダンジョン教習所の教官になったら、教え子たちに崇拝される~」

 

ぶんご
ぶんご

世界最強のダンジョン探索者だったのに、貴族たちのやっかみで追放されてしまった……

ギャル美
ギャル美

フィクションの貴族って大抵ろくなことしないよね

ぶんご
ぶんご

しかし、探索者を育成する教官としてスカウトされて、次世代の探索者を育てることになるぞ

ギャル美
ギャル美

世界最強の授業ってめっちゃ豪華じゃん!

ぶんご
ぶんご

正体は隠してるから、教え子たちからはめっちゃナメられてるけどな

ギャル美
ギャル美

ダメじゃん

 

 

「迷宮殺しの後日譚」3つの魅力!

©坂石遊作・黒兎/小学館

作品の3つの魅力
①「アレ」を割っちゃう!?世界最強の主人公!
②特別レッスンで教え子が手のひら返しまくり!
③バトルもラブコメも存分に楽しめちゃう!

 

魅力① 「アレ」を割っちゃう!?世界最強の主人公!

©坂石遊作・黒兎/小学館

 

主人公レクトは「迷宮殺し」の異名を持つ、世界最強の男!


世界中のあらゆるダンジョンを破壊しまくってきたというトンデモ主人公です。


凶悪なモンスターでも一撃で葬り去る様は、いわばラノベ界のワ〇パンマンという感じですね。


……というか「アレ」を割ったことあるっていうんだから、モンスターなんか蚊のようなものですよ。


「アレ」についてはあまりにとんでもないので、気になる人は本編で確認してやってください……。


主人公、オーストラリアぐらいだったら沈められるんじゃないかな?

 

ぶんご
ぶんご

これほどの破壊力、サ〇タマア〇レちゃんかってくらいだな

ギャル美
ギャル美

存在自体がギャグレベルじゃん……

 

魅力② 特別レッスンで教え子が手のひら返しまくり!

©坂石遊作・黒兎/小学館

 

教習所の教官となった主人公ですが、受け持った生徒たちは「黄金世代」と呼ばれるほどの逸材ぞろい。


しかし優秀な生徒にありがちですが、主人公を見下してバカにしてきます。


こ、これは教師あるある「生徒が手のひら返しで先生に心酔する」チャンスでは!?


ルー〇ーズやロ〇アカといった教師ものの名作では、必ずと言っていいほど用いられてきた展開ですね。


しかも主人公は見た目は地味ですが、その正体は世界最強の探索者……生意気な生徒たちの鼻がポッキリへし折られる期待しかない!

 

ぶんご
ぶんご

生意気だった生徒が徐々に心を開くようになる展開は、ありがちだが何度見ても胸アツだ

ギャル美
ギャル美

学園ものの定番だよね!

 

魅力③ バトルもラブコメも存分に楽しめちゃう!

©坂石遊作・黒兎/小学館

 

作者の坂石さん曰く、「バトルもラブコメも楽しめる」この作品!


……見た感じ、ヒロイン候補が14歳と12歳の美少女なのはさておき。


まぁファンタジー世界にとって年齢なんてあってないようなもの(※個人的見解)なので、何の問題もナッシング!


他の作品で12歳どころか、5歳のヒロインとかいますしね(子どもとは言ってない)。


可愛ければオールオッケー、それがヲタクの原則であります。

 

ぶんご
ぶんご

リアルの世界にその原則を持ち込んだ瞬間にアウト案件になるわけだが

ギャル美
ギャル美

即通報だよ

 

「迷宮殺しの後日譚」を楽しめるのはココ!

©坂石遊作・黒兎/小学館

 

 

ライトノベルを読む

ジャンル 人類最強の英雄による教育ファンタジー(仮)
作者 坂石遊作
イラスト 黒兎
レーベル ガガガブックス
出版社 小学館
発売日 2021年6月22日

 

「迷宮殺しの後日譚」が気になった方におススメ!

©美紅・U35/双葉社 ©十一屋翠・がおう/アース・スターエンターテイメント ©あまうい白一・鍋島テツヒロ/集英社

 

ぶんご
ぶんご

今回のおススメは苦戦ゼロ! 「あまりにも強すぎる主人公」の作品だ!

ギャル美
ギャル美

ハラハラドキドキしたくない人向けだね!

 

①進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

あらすじ

 

学校全体が異世界に転移した。森を彷徨っていた柊誠一は、ゴリラのサリアに襲われる。
しかし……「私、初メテ。ダカラ、優シクシテネ?」なぜかサリアに懐かれる誠一。
一途なサリアに“ゴリラもありかな”なんて思ってた矢先、2人は悲劇に見舞われる。
しかし”進化の実”を食べていた2人には信じられない奇跡が!?
――「小説家になろう」発、大人気ファンタジー!
双葉社「進化の実~知らないうちに勝ち組人生~1」

 

ぶんご
ぶんご

進化しすぎて人間という名のナニカになってしまった主人公だ。あまりに強すぎて世界が忖度するほど規格外の存在になってるぞ

ギャル美
ギャル美

……よく意味がわからないんだケド

ぶんご
ぶんご

俺もわからん

ギャル美
ギャル美

えぇ……

 

 

 

②二度転生した少年はSランク冒険者として平穏に過ごす

あらすじ

 

賢者と英雄という二つの前世を持って転生した少年、レクス。
前世の記憶から目立つ事が危険だと学んだ彼は、
新たな人生では地味に生きようと決意する。
そして念願だった自由の象徴たる冒険者となったレクスは、
目立たないように地味な依頼で日銭を稼ぐ毎日を
満喫するのだが……彼は気づいていなかった――。

「すみませーん、薬草採取してたらドラゴンに襲われたんでついでに狩ってきましたー」

自分の地味が滅茶苦茶派手だということに…!!
それに気づかない少年は今日も平然と周囲の人々の度肝を抜く。

二度転生した少年による、
痛快×爽快ファンタジー冒険活劇が今、はじまる!!
アース・スターエンターテイメント「二度転生した少年はSランク冒険者として平穏に過ごす~前世が賢者で英雄だったボクは来世では地味に生きる~1」

 

ぶんご
ぶんご

前世が英雄、前々世が賢者な主人公が自由気ままに無双する話だ。どんな敵であっても基本的に瞬殺→売却or素材になってしまうぞ

ギャル美
ギャル美

敵さん、超逃げてー!

 

 

 

③俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~

あらすじ

 

俺の家は世界有数の魔力スポットに建っていた。それを狙うやつらに、家ごと異世界に召喚されてしまった俺だったが、圧倒的な魔力でもって、やつらを撃退した! 数十年間住み続けた俺の体には、異常な程の魔力が貯めこまれていたらしい。最強の魔力を持ち、神にも悪魔にもなれてしまう俺だったが――。俺の望みは、たったひとつ。自宅で安穏に暮らすこと! 可愛い我が家の精霊、サクラと暮らし、魔力で自宅を改築して、庭の樹木でゴーレムを作りだし、押し寄せる大軍勢をワンパンで追い払い、やかましいドラゴンを黙らせて、家でまったり昼寝する。規格外な魔力を持つ男の、楽しく無敵で、超安定の、異世界マイホーム生活が、いま、はじまる!
ダッシュエックス文庫「俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~」

 

ぶんご
ぶんご

世界有数の魔力スポット(自宅)に住んでただけで世界最強になってしまった主人公だ。林檎の木を使って巨大ロボ的なナニカを作ったりできるぞ

ギャル美
ギャル美

ツッコみどころが多すぎてどうしよう……

 

全巻セットはココ!

 

まとめ

強すぎる主人公は、時に読者を白けさせてしまうことが多々あると思います。


だからこそ教え子の成長をイベントを用意して、最後のピンチの場面で主人公が見せ場を作るのは正しい流れだったように感じました。


とはいえ、まだまだ主人公と他のキャラとの交流が十分ではなく、それはこれから物語が進行していく中でどう関わっていくのかが気になるところです。


しかし、バトルとラブコメを詰め込んだ作品らしいですが、ラブコメ要素はまだまだ薄かったかなぁ。


アリスだけでなく、他の女性キャラがどういう働きをしていくのか、2巻以降注目ですね。


1巻自体は無難にまとまった仕上がりになっているので、気になる方は読んでみて良いと思いますが、もちろん2巻が出てから判断するのもアリです。


2巻もレビュー予定なので、次回も乞うご期待!


Enjoy "MUDA" Life!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。