その発想はなかった!新作ラノベ「人脈チートで始める人任せ英雄譚」評価&レビュー

こんな読者におススメ
・斬新な発想のファンタジーが読みたい
・最強主人公は飽きた!別に主人公が弱くてもいいじゃないか
・学歴?能力?いや、大切なのは人脈だ!

 

ファンタジーの主人公と言えば「チート」だったり「最強」だったり、とにかく強さが重要視されることが多いです。


最初は弱かったとしても、何だかんだ特殊能力に目覚めたり修行で強くなったりして、最後には強くなってますよね。


しかし、今回紹介する作品の主人公のモットーは「他力本願」


特別な力を何も持たない主人公がひたすら「人脈」という力を築き上げる作品、「人脈チートで始める人任せ英雄譚」のレビュー記事です!


「主人公なのに他人任せ!?なのになぜかカッコイイ!」という不思議な作品です

 

「人脈チートで始める人任せ英雄譚」評価

©坂石遊作・Noy/KADOKAWA

 

ぶんご
ぶんご

人脈って大切だよな

ギャル美
ギャル美

何ですか、いきなり

ぶんご
ぶんご

社会に出ると人脈の重要さが身にしみてわかるんだよ……

ギャル美
ギャル美

まぁ言わんとすることはわかるけど……

ぶんご
ぶんご

ビル・ゲ〇ツ氏と友達になれないかな?

ギャル美
ギャル美

出会うことすらないと思うよ

 

筆者の評価

総合評価 B
発想が面白く、全体として良くできている作品だったと思います。1巻だけの評価としては普通ですが、続きに非常に期待の持てる作品です!
ストーリー・設定 ★★★★★(4/5)
主人公が「人脈」に特化しているという設定はとても斬新でした。安易にチートや特殊スキル持ちにせず、人脈以外は凡人なのが非常に好感が持てます
キャラクターの魅力度 ★★★★★(3/5)
派手さはないものの安定感のあるキャラの描かれ方でした。多少物足りなさを感じてしまうので、今後登場予定のキャラの尖り具合に期待です
イラスト ★★★★★(4/5)
とても綺麗なイラストですが、人物の印象が全体的にシャープなので、好みが別れるイラストだと思います。個人的には結構好きですけどね
文章 ★★★★(3/5)
多少セリフや言い回しがクサかったりするところがあります。個人的には嫌いではありませんが、苦手な人はとことん苦手だと思うのでこの評価
主人公の人脈力 ★★★★★(5/5)
王女やら勇者やら、挙句の果てには深海在住の人魚の女王まで。人脈で魔王どころか世界滅ぼせそうなんですけど……
国王のダメ人間度 ★★★★★(5/5)
やることなすこと全て悪い方向に向かう……さすが愚王。なぜこの王からあんな可愛い王女が生まれたのか……七不思議にしてもいいレベル

 

他の読者の評価

 

タイトルには微妙に違和感抱くけど、きれいにまとまってる。まだほとんど出てない(元)勇者パーティの連中も気になる

主人公の周りにいるキャラがみんな結構曲者揃いでいいキャラしてるわw主人公が今後どんな人々と出会い活躍していくのか楽しみ

戦えないけどある意味最強で、英雄になれなくても英雄を作っていく彼の“戦い方”が面白かった。文章も読みやすい

なんでもかんでもチートってつければいいわけじゃないと思う。それほどチートじゃなかったし

周りが主人公を持ち上げすぎな気がする。この巻を読んだだけでは説得力がない

 

あらすじ

人脈という名の武器を使いこなし、数々の世界的偉業の裏で暗躍してきた青年ネット。
しかしある日、彼は自分勝手な国王に足手まといだと判断され、勇者パーティから追放されてしまう。
一から冒険者を始めることにしたネット。しかし、騎士団長から人魚族の姫まであらゆる者達から慕われ、繋がりをもつ彼の冒険者生活は、当然規格外のものでーー。
「この人探しは、叡智王と大賢者から力を借りればいいか」
一方、国王は思い知ることとなる。勇者パーティは、実力こそあるが、とんでもない問題児だらけで、それを制御していたのは、ネットであったということを……。
こうして、他力本願をモットーとする英雄が世界を裏から変えていく新たな物語の幕が開く。
KADOKAWA「人脈チートで始める人任せ英雄譚~国王に「腰巾着」と馬鹿にされ、勇者パーティを追放されたので、他国で仲間たちと冒険することにした。勇者パーティが制御不能で大暴れしてるらしいけど知らん~」

 

ぶんご
ぶんご

戦う力を持たない代わりに「人脈」という武器を鍛えてきた主人公が、英雄として名を上げていく話だな

ギャル美
ギャル美

人脈って極めたら英雄になれるんだ……

ぶんご
ぶんご

今の時代、コネがないと偉くなるのも難しいからな。人脈はマジで大事だぞ!

ギャル美
ギャル美

急にリアルな世知辛い話に!

ぶんご
ぶんご

そして自慢じゃないが、コネをほとんど持たない俺は……(´;ω;`)ブワッ

ギャル美
ギャル美

こっちまで悲しくなってきた

 

 

「人脈チートで始める人任せ英雄譚」3つの魅力!

©坂石遊作・Noy/KADOKAWA

作品の3つの魅力
令和が生んだ新・主人公!人脈を武器に無双する!(ぼっちな俺氏には無理)
②惚れてまうやろ!他力本願系主人公の生き様がカッチョイイ!
ステルスでマーキング!垣間見える女の争いにwktk
 

 

魅力① 令和が生んだ新・主人公!人脈を武器に無双する!(ぼっちな俺氏には無理)

©坂石遊作・Noy/KADOKAWA

 

ファンタジー作品の主人公と言えば、大抵が特別な力を持っていたり、才能に溢れていたりしますよね。


しかし、この作品の主人公は才能もチートスキルも持っていません。


じゃあ何を武器に戦うのか……それは「人脈」です!


場面ごとに最適な人材に協力を要請し問題を解決する、これぞまさに令和が生んだ新たな主人公!


築き上げた人脈で無双するという、新しいヒーローの活躍をぜひ見て欲しいです。

 

ぶんご
ぶんご

バイト代(リンゴ)をあげたら人外の友達(人魚族)がクラーケンも倒してくれるぞ!

ギャル美
ギャル美

バイト代やっすい!

 

魅力② 惚れてまうやろ!他力本願系主人公の生き様がカッチョイイ!

©坂石遊作・Noy/KADOKAWA

 

主人公のモットーは「他力本願」、人脈が武器である彼にはピッタリな言葉ですね。


しかし、「主人公なのにそれはどうなの?」とか「要は腰巾着でしょw」と思う人もいるかもしれません。


ハッキリと言わせてもらいます。


彼はカッコイイ腰巾着だっ!


……カッコよく聞こえないかもしれませんが、主人公は主人公なりの信念や挫折があって「他力本願」にたどり着いたわけですね。


本編を読めば主人公がただの腰巾着ではないと分かるので、ぜひ主人公の生き様を見てもらいたいです!

 

ぶんご
ぶんご

主人公の他力本願には、ちゃんと理由と信念が書かれているからな。ただの腰巾着とは違うぞ

ギャル美
ギャル美

腰巾着は決定なんだね……

 

魅力③ ステルスでマーキング!垣間見える女の争いにwktk

©坂石遊作・Noy/KADOKAWA

 

主人公と交流のある人物のほとんどが彼を慕っているわけですが、彼ら彼女ら全員が面識があるわけでも仲が良いわけでもないわけですね。


そこから導き出される答えは何か……そう、対抗心です。


「自分の方が主人公と仲が良い」「自分の方が役に立てる」などなど……我こそはという熾烈な争い(特に女性陣)があるわけですね。


主人公が知らない間に魔法がかけられていたり、さらにそれを上書きされてたり、謎のアイテムを忍ばせていたり……。


いいぞもっとやれ。


主人公をめぐる女性陣の争いは今後も見物です!

 

ぶんご
ぶんご

知らない間に謎の魔法をかけられてたり、謎の道具を持たされてたりするわけだな

ギャル美
ギャル美

なにそれこわい

 

「人脈チートで始める人任せ英雄譚」を楽しめるのはココ!

©坂石遊作・Noy/KADOKAWA

 

ライトノベルを読む

ジャンル 世界の裏から暗躍する爽快ファンタジー
作者 坂石遊作
イラスト Noy
レーベル 電撃の新文芸
出版社 KADOKAWA
発売日 2021年7月16日

 

 

「人脈チートで始める人任せ英雄譚」が気になった方におススメ!

©坂石遊作・TYONE/KADOKAWA ©櫂末高彰・三上ミカ/KADOKAWA ©未来人A・jimmy/講談社

 

ぶんご
ぶんご

「人脈」「暗躍」から関連する作品を紹介するぞ!

 

①影の英雄の日常譚

 

あらすじ

勇者と魔王が転生のたびに生存と権力を賭けて争う<勇魔大戦>、4度目の大戦も勇者が魔王を倒した…のは表向きの事実。
魔王討伐を果たした真の英雄は、 依頼があればどんな 敵 でも殲滅する影の代行人(ルビ:エージェント) トゥエイト だった。
トゥエイトは語られぬ英雄として、大戦後は平穏な生活を送ることを望む。
しかし、魔王を打倒しただけで世界に平和が訪れるわけではない。
いまだ荒れる世界でトゥエイトは日常を守るために再び闇を狩る!
KADOKAWA「影の英雄の日常譚1」

ぶんご
ぶんご

世界を影で救った主人公が、普通の少年として生活を始める話だ。今回レビューした作品と同じ作者だが、こちらの方がちょっとダークな雰囲気だぞ!

ギャル美
ギャル美

色んな作風を書けるのはスゴイね~

 

②大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?

 

あらすじ

平凡な高校生・日和常信が目覚めると、異世界に召喚され替え玉皇帝にされてしまっていた。
従属魔法により自由を奪われた――かと思いきや、召喚主である帝国の姫・パオラが良い子だったため、主従関係が逆転してしまう。
自由の身となった常信は、帝国内を見て回るのだが……
「この国でかすぎだろ!!!」
国土は大陸の八割以上を占め、人口や資産は他国全ての千倍を誇り、これまで滅ぼした国は優に万を超える。
――そう。
このグロリア帝国は圧倒的大国! その全てが皇帝=常信のものなのだ! 
その上、パオラだけでなく、エルフの姫、獣人娘、姫騎士なども愛妾にと志願してきてしまい……!? 
これぞまさに大国チート! 悠々自適の皇帝ライフが今始まる!
KADOKAWA「大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ? 替え玉皇帝になったので美少女嫁も豊富です。」

 

ぶんご
ぶんご

皇帝に瓜二つな主人公が、異世界召喚されて替え玉皇帝として奮闘する話だ。主人公は平凡だが、大国を思う通りに動かせるという立場は最強のチートだな!

ギャル美
ギャル美

やっぱり最強は権力なのか……

 

③転生貴族、鑑定スキルで成り上がる

 

あらすじ

アルス・ローベントは転生者だ。 卓越した身体能力も、圧倒的な魔法の力も持たないアルスだが、 「鑑定」という、人の能力を測るスキルを持っていた! ゆくゆくはローベント家の長男として家を継がねばならないアルスは、 鑑定スキルを使い、有能な人物を出自に関わらず取りたてていく。
「類い稀なる才能を感じたので、私の家臣になってほしい」
アルスが取りたてた有能な人材が活躍し、 大志は燃え上がる――!?
講談社ラノベ文庫公式サイト「転生貴族、鑑定スキルで成り上がる~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~」

 

ぶんご
ぶんご

人の能力を測ることができるスキルを持つ主人公の話だな。優秀な人材を発掘して、「信〇の野望」のように領地を発展させていくぞ!

ギャル美
ギャル美

男の子が好きそうな内容だね

 

まとめ

今回の作品では「人脈は武器になる」という部分がテーマでしたが、社会に出ると人脈の大切さに気付かされる瞬間を多く感じると思います。


私も最近になって人脈の重要性を再認識して、新たな人脈を築こうとしている真っ最中であります。


……コミュ力が低いため、なかなかに難儀をしておりますが。


社会に出る前の若者たちがこれを見て「人脈って大切なんだ~」くらいに思ってくれたら、多少のお役立ちにはなるのかもしれませんね。


若人よ、人とのつながりは大切だぞ!……というのが今回の教訓ということで。


Enjoy "MUDA" Life!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。